花火と一緒に散ったのは、あの夏の記憶だった

事故で陸上競技を断念した杉山秀俊は、新聞部で腐った日々を送っていた。そんな彼に、クラスメイトの霧島野々葉は毎日のようにまとわりついてくる。

頭がよくて、他校にも知られるほど可愛い彼女だが、秀俊には単なる鬱陶しい存在だった。

あるとき、秀俊は新聞部の企画で、都市伝説「記憶喰い」を取材することになった。

「記憶喰い」とは、嫌な思い出を「食べて」、忘れさせてくれる存在らしい。そんな折、企画を知った野々葉が秀俊のもとにやってきて告げた。

「実は私、記憶喰いに記憶を食べてもらったことがあるんだ」


夏祭りの日に明らかになる切なすぎる真実──

挫折から立ち直れない少年と、重い秘密を抱えた少女。

二人が追いかけたのは、二人だけの大切な思い出だった。


試し読み(PDF)


Mond.Murakami's official site

邑上主水オフィシャルサイト

0コメント

  • 1000 / 1000